代償とは

今こうしてブログを書くにも時間を代償にしてその時の思いを形にしてる。代償って言うと何だか大袈裟だけど、それがしっくり来る感じなのは自分に「ちょいと、色々やってやってる感」を持ってるからなのかな?と反省。どこぞの宗教もとある団体もギブアンドテイクとかなんてなくて、ずっとギブギブギブ。ブギブギだ。少しでもこっちに《やってあげたんだ》って気持ちがあると何でか戻って来ないとイライラするもので、見返りを求めずずっと施しを出来る人間になれたらその時は自分は神様な存在になっちゃうのだろうなって。すごいや( 笑 )!!ですが~、なかなかその次元に到達出来ずにブギウギし続けております。最近始めた時間有効活用計画の朝食ワークアウトですが、まぁとにかく早朝だからご機嫌斜めなのかギブどころか突然初見でテイクする人と鉢合わせる事があり、そんな事があったりするとスタッフ全員では無いですが「心を無に働くと楽…」って境地に達してしまったのか、ここでの処世術それなの?!思ったりしました。攻撃には華麗にスルーか攻撃しか無いのかなぁ?(防御は変な力使うし少々喰らうから嫌。)

そのまんまだけど、楽しく仕事した方がよっぽど楽しいょ♡ってこれからもアホ菌ばら撒くのには一切手を抜くつもりはありませんが、大切な時間を代償にしてるんだから小銭稼ぎついでに心身の健康を手に入れたいの私!諦めませんビッチの毒抜きと楽しい職場ゲッツ!! レッツ♡早朝ワークアウト。(所要時間15分)

 

救世主現る!!(完全無宗教信者版)

全社全店舗のコンビニ無人レジ化に向けてのニュースが四方八方から飛んできます。単純作業の職に就いている方達への危機を感じますね。自分は大丈夫だろうと思いつつも、スーパー給仕ロボット(かわい子ちゃんバージョン)が出来たりするのと自分が歳を重ねるのと、どちらが早いだろうかって後者だと思ってるのでそれなりに対策は考えて実行中。収入のポケットもあるだけ良いしね。そう、ホリエモンに刺激を受けて「さあ、無駄な時間なく働こう!」となった自分、昨日に続き今朝も朝食仕事に行って来た。午後また出かける用事があると考えると今は仮眠を取るべきだが後にする。ネタがホカホカの内に書きたい。ロボット人間の(様な)リーダーH氏との研修が非常に長く感じた、研修と言うより修行だ。翌日の事を思い、退社時にチェキってやろうと超笑顔でリーダーH氏に「明日はいらっしゃるんですか〜?」って聞いたらば、H氏「いや、明日は休みを頂いてます」私心の中でガッツポーズを取りつつ「そうなんですね、残念です〜」と今朝は休みなのを知っていたので気楽に出勤した。嵐も無く素敵に快晴最高だ。でもそうは問屋は卸さないもので、必ずどこにでもいるのね〜ビッチッチ。敵が現れた!早速いじわるを喰らう。挨拶は心の窓だよ♡って教わらなかったのかなビッチ。彼女の育ちを哀れんだが、致し方ない。その後も引き続きビッチはビッチな感じであった事は言うまでもない。別のセクションの人間だが、同じ会場内バックヤードで鉢合わせる。前にも話したが私は基本かなりのコミュニケーション上手な人なのであります、ただしコミュニケーション試行錯誤した後にも謎な攻撃をし続けてくる人間は最終無視します。だってただ疲れるだけで無駄だから、断捨離します人間でも。で、まだ出会って1日目のビッチですが私に散々ビッチッチオーラを放っていたのですが、その所為か自爆してグラスを派手に割ってました。ざまあみろ、なんて思いません。思ったけどそんなビッチの所為で自分の心が汚れるのは嫌ね(笑)あははっ。そう、笑っちゃいましたけどこういう時に便利なやつ「神様っているなぁ〜」って、今度ビッチに会っても超笑顔で挨拶できるあてくしでございます。ビッチに対しては隠れビッチで応対!まずまず挨拶しろし♡んでんで、ラッキーにビッチの居た会場から移動を命じられる。ここでも神様大活躍、私に救世主との出会いをくれる。大学生と思われる救世主Kさん、昨日から研修と伝えご教示下さいと歳下だろうが関係ないパイセンはパイセンだ。ゆるーい雰囲気で仕事はちょいちょい抜け感がたまらない救世主だが、人間だ。会話のできる人間を見つけた〜と希望の光が射しました。昨日のロボットリーダーH氏とは全然違う‼︎‼︎ みんながみんなこの雰囲気で仕事してたらなかなかアホ菌を伝染させるには苦労するなと懸念した矢先。一人目の感染者候補(救世主)現る!よし、いいぞ。救世主Kさんに「昨日はバイトリーダーHさんと一緒だったんです」と伝えると「バイトリーダ自分で言ってたんですか?!wwww」と超好感触、私も自分でリーダー言っちゃったところが昨日一番の爆笑ポイントだったからだ。一つ前のブログに書いた手術のくだりを話すと爆笑「メス!とか〜ないない、絶対にあの人はやらないw」良かった本当に話の通じるヤツと確信。Kさんの存在に感謝した研修最終日になりました、二日間だけだけどw。「働こう!」ってテーマからのスタートなのでしばらくはこちらで働くつもりだが、救世主Kさんに冗談で「実は昨日初日で、さっそく辞めようかって少し考えましたよ」と話すと「いや、実は俺はH氏が原因で辞めようかと思ってます」って。えぇーーーーーっ‼︎‼︎‼︎ダメ!君はアホ菌第一感染者有力候補!退職ノンノンだ!一緒にアホ菌パンデミックさせて楽しい愉快な職場作りに成功してから旅立とうねっ‼︎‼︎と勝手に心の中で叫びました。今日の感想は「苦あれば楽あり」「ビッチあれば救世主あり」そしてこの仕事の捉え方としては、早朝ジムで心と体の筋トレしてるってやつ。いいね✨効率良く作業して時間作って、お休み気分の超ご機嫌なお客様から楽しい素敵なエネルギーもらって、職場のみんなを徐々にアホ菌感染させて、ついでに美尻と美脚とお金を作るのでR。(所要時間60分)

楽しく愉快な職場仕掛け人Pが行く

おはようございます。今日は久しぶりのホテル配膳仕事で小金を稼いできました。と言うのも、最近やっとホリエモンの『ゼロ』を読みまして、午前中の有り余る時間をお金に変えよう!! はたらこう!!と意気だった矢先、目と鼻の先にある某リゾートホテルでの求人広告を発見。朝食スタッフ募集、他にも人生を変えるための仕事をしているのですが、そちらの余った時間それも超近所でお仕事出来るったらもう完璧じゃん✨ってね。面接開始時「今回募集が多くて後日連絡をさせて頂くと...」話していた就労担当の方ですが、私の履歴書を見て「いや、Pさんいつから来れますか?」と私の過去の職歴と家の近さを見て即戦力とみなして頂いた様で即採用に。今まで何を?と言ったらば、某ネズミーランドで接客とはなんぞやを高校時代に手取り足取り教わり、そこから別の近隣のホテルで一人目を妊娠するまで務め、職歴に書いてませんがザギンで夜の蝶として舞ったり(爆)ここ最近10年位はフリーランスで割烹料亭や都内各所ホテルでの宴席などで仕事をしています。それがほとんど夕方、夜のお仕事なので朝の時間が無駄じゃなくなるなあ♡とウキウキ。また新しい人たちと知り合うチャンスにも繋がるなと意気込んでの今朝初日でした。傘もさせない程の強風で徒歩2分の距離を到着できないかも?‼︎と一瞬焦りましたが、無事に従業員口に転がり込み先輩Iさんに案内され制服部屋へ。面接時、話には聞いてましたが本当に制服の数がなくメンズのYシャツを貸与され、彼氏の家にお泊まりに来てYシャツ一枚♡みたいなピンク妄想を朝一から繰り広げつつ現場へイン。安心して下さい、ちゃんとズボンは履いてます。色々な器材や食器、補充するもの準備するものなどの場所を教わり、コーヒーの作り方などをIさんから教わっている時に事件が...セットしようとしたコーヒーフィルターの真ん中あたりが破けていたんですね。私ついつい「おっと〜危ないですね、妊娠しちゃいますね。」って心の声が外に漏れてしまったのですが、パイセンIさん(女性)「....。」無言の華麗なスルーを頂きました。朝から下ネタでゴメンなさい♡と思いつつも、ちょっとずつ真剣な職場の雰囲気を察知。嫌だ。超早起きで仕事行って周りのこんなテンションの低さには絶対耐えられない、こねくり回してみんなアホにしてやる!って心の中で誓いました。その後、残念ながらパイセンIさんは早上がりで8時に退社されたので引き継がれたのがバイトリーダーH氏。またこれが超がつく感じの真面目な男。「H先生!」「Hさん!」と、うざいほど質問攻撃を喰らわしたらば「覚えることは山ほどあるので私が説明することだけやって欲しい(黙れ!)」と一喝された。嫌だ。だって説明受けてる間に色々と付随する疑問が湧くじゃないか。今知りたい、疑問がメインテーマと繋がっている内に解決したい。なので、黙れと言われた後もしつこく色々質問を続けたのは言うまでもない。私はわがままだ。そして淡々と言われた仕事だけをこなすなんてつまらないので、暇さえあれば、お客様にも積極的に絡んでく。寝起き?関係ないぜ、私もだ。6:30amから始まった研修も気がついたら10:30amあっという間だ。ここからのリーダーH氏との苦行が始まった、何を言ってもクソ真面目。シルバーのサーバー類をゴム手袋を付けて作業しているH氏の姿を見て「まるで手術する先生みたいですね〜w」って言ったらば、彼がリーダーだよって語り出したのがココなのだが「僕はバイトリーダーでねほぼ毎日入ってると手が荒れるのよ」と繊細ボーイな一面をもチラ見せしてきた。お大事に。私が「H氏、you!!先生みたいだね」って時に「P君...メス‼︎ ...汗‼︎」とか言って手術シーンを演技してくれるリーダーだったら最高にピースなのになぁ〜。ちなみに月に数回しか入らないらしきSさんは超ヤサ男、笑顔の素敵なKさん更衣室で着替えている間に世間話を、その二人に仏を見つけて今日はいい1日だったと午後回ってまだ半日ありますが本日一旦結果オーライ。(所要時間42分)

美しいWIN&WIN

久しぶりに快晴だ、最高ね気分も上々。とかなんとか。星に生まれし僕ら地球人はどうしてこうも天気、気圧、付きの動きにコントロールされるのだろうか。非常に面倒臭い。ホルモンが絶妙なバランスを保っているのかいないのか。本当に時々、子宮とっちゃえばいいじゃないの?これ要らないんじゃないのって考える位に厄介な存在になる時がある。それが今だ!感情の起伏がきつくかなり堪える。自分の中でだけだから、それもまた困ったもんである。それでも僕らは生きて行く。どんな人にもいい部分がある、と思って止まない自分、そうでない人も稀に見ますがそんな人のいいところを見つけるプロである私は人を繋げる事がすごく上手。これが仕事になればいいのになと思います。でもそうやって人探しをしてくれる人を無料で使うのも上手な人もいて、でもなんだかんだと完全無償でこちらの労働が続けば続けばでそれに気づいて離れます。美しくWIN&WINな関係はなかなか転がってはいません。キョロキョロ。ずっと諦めず捜してますけど。なんでもお金を得る仕事は大変なものです。ね。あー大変ね、とか書いてみたが非常に毎日楽しく生きてます。一番脳みそOFFできる幸福時間は土いじりしてる時かな?多肉植物をただひたすら繁殖増殖、種類をガンガン増やして狭いベランダを謎のムチムチした植物でいっぱいにする。最高です。気付いたら同じような趣味の友達が居てインスタでアップし合ってるのを物々交換しようって話になり。狙ってなかったところで 最高に美しいWIN&WINの関係が構築されているじゃないか!!!って。最終的に今日はそんな素敵な関係構築劇があったという事に気付いて、おやすみジャパン。(所要時間9時間)途中、コンクリートジャングルに出稼ぎ。

ひとまわり以上歳下の彼氏しじみ

みんなどんな情報が知りたいのだろうね、四十目前の女、不細工では無いとは思うがアラフォーバツイチ、絶賛シングルライフ遂行中。世間では悲しいお一人様扱いさ、同級生の平和なハッピー家族たちで集まる会合にはバツ保持者はなぜか呼んではもらえ無い。なぜだ!?Why Japaneseピーポー。最近できた彼氏は14個も年下のブロガーになってお金を稼ぐって言ってるちょっとした能天気ボーイだ、がんばれーって応援はしているものの実際世界はそんなに甘く無いはず。きっとしばらくして飽きてブログ更新もおろそかになるのであろう。そして、そんな年下彼に影響受けてこっそりブログ書いてる自分。色々な恥ずかしい生々しい話を誰に見られようが気にせずに吐く。ゲロゲロだ。キラキラしたものとかで隠さ無い丸出しだ。この書き方、読み手からしたら読みにくいだろうな、なんて思ってしまうのはやはりまだ他人の評価を気にしてる証拠だな。他人の目気にするスイッチoff!! そう、さっきの年下彼氏についてだが、どんなきっかけで付き合う事になったかと言うとちょいと前に書いたブログのままに出会いは出会い系サイト。そのままだ。最初、歳や職業、スペックや趣味趣向、見た目が丸出しの状態。そんな中、勇敢にも私に連絡をしてきたひとまわり以上歳下ボーイ仮名しじみ。私の猜疑心はギラギラとしじみに向けられた。会って最初の質問で「しじみは何かの罰ゲームで私との会合を指示されたのか?」それに対しての返答は、そうでは無い「歳なんてJust a number.」的な名言を吐いたのである。あとに聞くと記憶にございませんなんて胡散臭い政治家みたいな発言して誤魔化し、キラキラ世代の若者によく見受けられるやつなのかな?とかなんとか。そんな初見はこんなBBAを捕まえて何かっこいい事言ってんだ、ばろちくしょーとか思いつつも心に感じ響くものがあった。若いからフットワークも軽く、ノリも軽い。すぐにうちに寄り付くようになり、自然と会う回数も増えた。しじみにも伝えていたが私はしじみとの初会合前から好きな男がいた。そんなこんなでこじれたバツイチとは会わない方がいいのでは?とも話したがそれは彼の«夜の秘密作戦»が功をなしたのか、しじみが「コミュニケーションが取れる事の幸せ」演出上手だったからか、気が付いた時には私も家族もすっかりしじみに心を許していたのであーる。心と体のバランス、女って本当に面倒な生きもので月のもので大きくバランスを崩す。今月はちと辛いななんて思いながら、話の繋がりとかなんも考えないで書くから、今日はこれで余は満足して寝る。しじみとの話はまた後日綴る。(所要時間27分)

ハローワークでキャッチしてるね、生保レディーの甘い誘惑

 

最近、悩みが解決しました。

幽霊職員状態の生保レディー辞めました!わーい♪

 

勤務先の所長の優しさに甘えていたとしたらそうかも知れません。

お世話になった分の恩返しをと、所長の成績(職員在籍数)が気になった結果ですね。

 

 


生命保険営業レディとはなんぞやとそんな事を考えてみた。

オックスフォード大学の教授が発表した「10年後には無くなる仕事」ってAI(人工知能)の発達やインターネットの普及率の高まりにより、随分と人の手が不要になるって論文が発表されましたが…予想通りに生保募集人も無くなる仕事に含まれていました。最近もGoogleの創設者のラリーペイジ氏もそんな事を語っていましたね。


論文はさておいて自身考えたところ何十年後かに、もしかしたら貰えるかもの超ミラクルラッキーって少額の年金の為に、今動ける身体と若さと人を巻き込んで、特別を創り出せるエネルギーと今しか手に出来ないであろうチャンスを棒に振り、10年後には無くなる仕事の為に無駄に時間を費やす事は賢明では無いなと考えました。


10年後には無くなる仕事とは言われているけど、その既に敷かれたレールに乗ってとりあえずの10年近く進んで行く事も選べる、敷かれたレールを進み切ったその時には道の変更は効かないなぁなんて想像しながらね。

 

 

 


「好きを仕事にする!」をモットーに生きてますが、現在履いてる何足かのうちのこの草鞋(仕事)になぜに辿り着き働く事にしたかと、誰でも良いわけでは無いですが私は人間好きって言うのに加え、自分の時間を自由にコントロール出来る(かもって)浅はかな考えの元、何度も挫けず声を掛けてくれた尊敬するKさんの勤める某大手日系保険会社に入社する事にしたのです。

 

 

最初のテストで合格するだけで良いよ、って

それでどうしてお給料が貰えるのだろうかと不思議でした、後々その謎は解けますが...

 


それが私意外と要領良くラッキーだったりするもので、大して研修も受けられずに勉強時間もろくに取れなかったのに入社条件の最初の一般生保テストもスルッと合格しちゃったんです。その後、2年目スタート目前に落としたら次年度へ駒を進められなくなる共通専門試験は「落ちたら神様が辞めろって言ってるな」って半分賭け状態で臨み、本気で勉強した人達には申し訳ないが直前にちゃちゃちゃーっとWebポイント集見てただけで、また何故か合格してしまい、辞めるタイミングをまた逃したのです。

神様... orz


自分意外と出来るなぁと自信がついたのは良い事だと思います。



でも仕事の内容は、テストに受かろうが何も変わりません。


職員として居続けるには、会社を運営して行く為に商品を売り続けないとなりません。コツコツと貯めた年金的な保険を崩して他の保証に切替える事や、掛金を増やして生涯の保証に切替えたりとか出来る事はたくさん有るのだけど、仕事とは言えもちろん契約者様の同意の上とは言え、大切に貯めていたものを別の形に変えるという事に自分はどうも罪悪感が拭えなかった。

 

日系企業外資と比べると金利が低かったり、掛け捨ては保障内容が細かい分良し悪し好みはありますが少々割高かもなと、ネットもあれば窓口もあり比較も容易にできるこのご時世。自身、他社の扱う保障が魅力的に思える商品もあり、かといって自由に複数社の契約を扱えるフリーランスの保険代理店になろうとは思えなかった。

 

ストレスフリーに健康に生きてる若い人にとっちゃ保険は御守りみたいなもので、掛金は安く高金利の貯金であるべきと考えます。

 


知人友人、親戚に自分の顔を売って、又は自分を買って下さって加入してくれた方達には本当に申し訳無いけども...

売りたくないものを 好きになれないものを
売り続ける事は出来ない!!

 

もちろん入ってもらった契約はその人にとってベストな無駄の無いプランで提案しました、営業成績に反映されない低解約返戻金付き保険。
貯金的なやつ、だからそう、たくさん契約取ってもダメなんです。


ノルマクリアの為に家族の保険加入を自作自演w そんなのやってられない!!

個人情報をひたすら入力したり←多分ココね、テスト受かるだけでお給料発生するシステム。私も周りの同期も個人情報捏造してたけど、月30件がノルマだったかな?
そして徐々にきつくなる保険契約ノルマをクリアできず退職して行く。
新しい人が入り新規顧客情報入手、ループが続いていく。


勉強まともにしてないけど、勉強になった。

この業界でずっと働いている人達はすごいなと思ったよ、リスペクト!

 

 

自分は自分の好きを仕事にしようと思います。 

f:id:Weloveme:20170411173700p:plain

 

Sexの相性は単に身体だけでは無いね

‪身体の相性が良いから好きなのか、そもそも中身の相性が良いから寄って行くのか、とかそんな鶏が先か卵が先かって事を1人ぐるぐる考えてみる。

 

本能って面白い。

 

カラダってココロって、本当に正直…

 

自分って我儘だなって、ニタニタしつつ。

そう自分の思うがままに自由に生きれてる事に感謝しちゃうよね、そうさせてくれてる家族やずっ友にありがとうを声を大にして伝える。

このブログの事まだ教えてないけど。笑